東京で医療脱毛を受けてみた

毛の量が多く毛質も濃いことがコンプレックス

もともと全身に生えているムダ毛が他の女性と比較しても毛の量が多く毛質も濃いことがコンプレックスで、電動シェーバーを利用してこまめにシェービングを行っていました。
ただ特にムダ毛が気になっていた足の部分が赤くポツポツとした色素沈着ができてしまったことや、繰り返しお手入れを行ったのが悪かったのか両脇が黒ずんできてしまったので、このままでは肌に負担をかけてしまうと思い、自宅で行う除毛ケアには限界があると感じ、脱毛ケアを受けることを検討しました。
最初は仕事帰りでも立ち寄りやすい大手の脱毛サロンで全身脱毛を受けた経験があるのですが、脱毛サロンで使用されている光脱毛は永久脱毛を行うことは出来ず、一時的に毛根を休眠状態にさせることでムダ毛が生えてこない状態にする効果があります。
そのため完全な永久脱毛を行うことが出来ず、お手入れが完了した数年後になって、再度ムダ毛が伸びてきてしまった時はやっぱり医療機関できちんと医療脱毛を受けなくてはいけないなと感じました。
東京には医療脱毛が受けられる美容クリニックが数多くあり、クリニックによって独自の医療脱毛機器を導入していることが大きな特徴です。
今回利用し医療クリニックでは、肌質や毛質に合わせて約3種類の脱毛器を使い分けているという方法を導入しており、自宅で長年自己処理をしてきたこともあり、色素沈着がある肌でも問題なく脱毛を行える医療レーザー脱毛機でケアを受けることが出来ると知った時は本当に安心しました。
医療脱毛を受けてみて、エステ脱毛と大きく違うなと感じたのが、医療従事者の元で安全に施術を受けることが出来る点にあります。

毛の量が多く毛質も濃いことがコンプレックス / 医療クリニックなら皮膚科の医師や看護師が一連の施術を行ってくれる!